ワールドベンチャーズ 評判 儲かっている主催者にとって、日本市場は“蜜の味”

ワールドベンチャーズ 評判

ワールドベンチャーズ 評判 儲かっている主催者にとって、日本市場は“蜜の味”

いわゆるMLM(マルチ・レベル・マーケティング)はやっていませんが、知人からその筋の説明を受けたり、セミナーなどには参加したりしたことがあります。それなりにその世界は理解しているつもりです。

一般的なMLMに比べると、やはり商品(モノ)を購入するという概念がないのがワールドベンチャーズの特徴だと思います。つまり、旅行はモノではないので、入会金を払い、会費も毎月払っているという行為だけがずっと続くわけです。

ですから、ワールドベンチャーを立ち上げた人、主催者側は、確実に儲かっていると思います。

この仕組みでは、「商品(モノ)をいくら売れば、どれくらい入ってくるか?」という概念や感覚が基本的にないわけです。となると、会員を紹介してボーナスや現金を受け取っている会員に、主催者側が支払っているお金の出所が気になります。

普通に考えれば、登録時に支払う会員費が収入源となります。そうすると、ポイントを使わなかったり、旅行に行かなかったりした会員が世界中に相当数いないと運営は成立しないと予測できます。

結果として、世界中の会員たちから集めたお金の量は膨大になりますが、実際に会員が旅行に行った時の一流ホテル、航空運賃、それにその他の豪華なイベントの数々にかかる費用は、世界中から集金した巨額の富のほんの数%程度で済んでいるはずです。

要するに、旅行に行きたいとか、5つ星の豪華ホテルに泊まりたいとか思って会員になっても、実際にはなかなか行けないというような会員数も多いということになります。

旅行に行かなくちゃ損だという感覚だけが先立ってしまうんだと思います。お金か旅行かという優先順位のつけ方のところで差が出るわけですが、日本ではまだ前者(つまりお金)を重視する方が圧倒的に多いんですね。

だから主催者にとてって,日本市場は“蜜の味”なんじゃないかと思います。不景気な上に働き蜂ばかりで、ここの会員になって海外旅行なんか行こうと考える人はそんなに多いとは思われません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です